人気ブログランキング |

medialuna(メディアルナ)☆ACCESSORY WORKS 

medialuna0.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 03日

2010 長岡まつり

実家のある新潟県長岡市は65年前の8月1日に空襲を受けました。
8月1日には亡くなった方への慰霊のための灯篭流し。
今年は喪中の為、故人の慰霊も兼ねて参加しました。
e0160036_2121377.jpg


「長岡甚句」の民謡流し。
祖母が作った浴衣を母に着せてもらい、
自分で作ったかんざしを挿して民謡流しの列に飛び入り参加。

小学生の時に長岡甚句を習うのですが、20年振りでも何とか踊れるものです・・・。 (笑)
e0160036_21225075.jpg


御神輿。お祭り気分満点です。
e0160036_21222011.jpg


湿気の多い長岡なのでのどが渇き、
越後へぎそばの名店「小嶋屋」で蕎麦屋ビール。最高でした。
e0160036_21265924.jpg


e0160036_21271461.jpg



多くの人が亡くなった事実を風化させず、
亡くなった方への慰霊をこめて始まったのが「長岡大花火」。

それと6年前に起こった「中越地震」での復興祈願も込められるようになった、
長岡人の歴史と想いのこもった大切なお祭りなんです。

私も東京に移り住んでから10年以上も見る機会がなかったのですが、
今年はやっと帰省することができました。
いやホントね、長岡の花火は地元ながら誇りに思います。

「復興祈願花火フェニックス」


頭上に降ってくるような花火の星。
全長2.8㌔の広さに渡って打ち上げられる花火の迫力。
視界すべてが打ち上げ花火という普通ではありえない状況。

これはもう、機会があればみなさん絶対生で観ていただきたい!!!
感動して泣きそうになりました・・・・。

震災の傷跡の大きかった旧山古志村へ。
去年の春にここを訪れた時は季節がらもあって、崩れた山や断層がむき出しで
被害の大きさを思い知らされることになったのですが、
それでもやはり自然は生きているんですね。

棚田に移った空と雲が郷愁を誘う風景でした。
e0160036_21124557.jpg


1年前の春の同じ場所。
季節によってずいぶん変わって見えるのですね。
e0160036_21404288.jpg



復興にお役に立ててくださいと、アメリカから山古志に贈られたアルパカ。
今年生まれた女の子は「ムク」。
e0160036_21431357.jpg


カワイイ・・・。
e0160036_21433542.jpg


まつげ長い・・・。
e0160036_2144179.jpg


この子たちの力も借りて、
山古志と震災で被害を受けたすべての方々に傷が少しでも早く癒えますように・・・。

by medialuna-sisiutl | 2010-08-03 21:46 | ★雑記


<< humansystem      暑中お見舞い申し上げます。 >>