人気ブログランキング |

medialuna(メディアルナ)☆ACCESSORY WORKS 

medialuna0.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 10日

有機味噌作り体験(その2)

最近1度の投稿で1つの出来事が書けなくなっております。
忙しい訳じゃないんですが、筆不精です。

・・・というわけで、前回は「みそだま」をつくったところでしたよね。
で、そのあとは今回参加するとこのみそだまを1㌔分持って帰れる特典があったで
1㌔づつの小分けにします。
やっぱり中に空気が入らないようにガシガシつぶして空気を抜いた状態で袋詰め。
コレが持ち帰れるのね!イヤホーイ!!

e0160036_217694.jpg


それ以上の量が欲しい方は有料で持って帰れるんだけど、
中には瓶を持参で4㌔も持ち帰るつわもののお母さんも!!!
お味噌を保存するのに瓶は最高の保存容器なんですって!
温度、湿度を勝手に調節してくれるんだそうです。
昔から使われているものには理由があるんだねー。

e0160036_2182964.jpg


ここでお店での体験は終わりでした。

持ち帰ったみそだま、コレはこの後発酵させてお味噌になるまでまちます。
そのためにちょっとした仕上げ作業をおウチに帰ってやってみます。

はい、でわー。
ウチには瓶がないのでタッパーに空気を抜いて詰めていきまーす。
タッパーの内側はアルコールで消毒しましょう!

e0160036_21143376.jpg


次にその上からラップを貼り付けてフタしちゃいまーす。
お味噌とラップの間には空気が入らないように!

e0160036_2115199.jpg


で、その上から塩で重しをしまーす。
大体2センチくらいの厚さでしいていきまーす。
このお塩も後から使ってね、とのこと。もちろん使いますけど。

ここで使ったのはスーパーに売っている伯方の塩(280円/㌔くらい)
一応海水のみで作ってるお塩なので、私的には全然OKです。
塩パッケージの成分表示に「塩化ナトリウム」が入っているのは買いません

e0160036_21171046.jpg


これでタッパーの上から新聞紙でフタをして(今回は包んじゃいましたけど)
しばらく発酵を待ちまーす。
仕込んだ日付を書いとくのも忘れずに!

e0160036_21191828.jpg


んでこのまま冷暗所に放置!
ウチでは台所のシンクの下の扉の中に仕込んでおきました。

夏至の頃になったら「天地返し」って言って、タッパーのなかのお味噌をひっくり返してあげます。
で、さらに放置。

その頃になると熟成がすすんで表面にコハク色の、高い濃度の液体がしみ出し手くるんだそう。
「たまり」といって香ばしく甘い香りがするそうです。
これがお刺身にとっても合うんだって!副産物まで楽しめるなんて!!!

食べられるのは10月頃の話になっちゃうんだって。
まぁ、気の遠い話ですこと・・・。
でも、自分で初めて仕込んだお味噌なんて楽しみだわー♪

昔はコレを各家庭でつくっていたんでしょ?
確かに結構発酵に時間かかっちゃって大変。(仕込むのはそんなに大変でもないけれど・・・。)
この材料でお味噌を作って販売しようとしたら、1㌔1500円くらいで売らないと
採算が取れないんだそうです。

時間がないからってスーパーで買ってきた安いお味噌もね、
忙しい今を生きる人たちにはとってもありがたいものなんだけれど、
この時間を代償に安い何か良くわかんないものが添加されたものを
カラダに取り込んじゃっているのも事実。

講師のおじさんが言っていた印象的な言葉をひとつ。
「おいしいものを食べ続けると、
 おいしくないものや何か添加物の入っているものは感知できるようになる。
 でも逆のケースって、あんまり気づかないものなんだよ」

なるほど・・・。
おいしくてカラダにいいものできるだけ食べたいですね、家族と自分の健康のために。

by medialuna-sisiutl | 2009-02-10 21:42 | ★雑記


<< ゆるぞうビーム(笑)      有機味噌作り体験(その1) >>